強がりな寂しがり屋

君は強がりな寂しがり屋。

だから普段は相当な強がりで、「これ」と決めたらなんでもやり通す。

妥協できないから、周りからは「できるひと」に認定されがち。

君は強がりな寂しがり屋。

だから時折見え隠れする、寂しがり屋な一面。

弱りに弱って、どうしようもなく寂しさに駆られて、結局涙をこぼす。

それを知っているのは、いつも涙を吸い取っている、枕と布団と、毛布だけかもしれない。

君は強がりな寂しがり屋。

だから弱い自分を他人に見せられない。

少し見せられるようになったら楽かもしれないけれど。

君は強がりな寂しがり屋。

だから強がるのは嫌いじゃない。ポジティブだし、完璧主義的なところもある。

それは無理しているわけではなくて、自然とそう振舞うの。それが時に、かっこよく見えることもある。

君は強がりな寂しがり屋。

だから時々、強がる自分と寂しがりな自分の違いに、自分で驚いている。

驚いた時、君は決まってため息をつく。

強がりで、寂しがり。

どっちかにしてよ、面倒くさいよ、と思うこともあるでしょう。

でもその二面性は、二面そろってこそ、「君」が形成されて、「君」らしくいられる。

強がりな部分も、寂しがりな部分も。

どっちがいいとか悪いとか、そんなのどうでもよくって、どっちもなくてはならない、そういうものなのよ。

強がりで、寂しがり。

それが君の、素敵なところなのかもしれないね。

(2021年4月14日執筆)

2021-04-16|タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です