頑張らないわたしと頑張るあなた〈きまぐれエッセイ〉

頑張る、その言葉を聞くのがわたしは好きではない。

そもそも頑張るってなに?

『大辞林』先生はこう答える。

「あることを成し遂げようと、困難に耐えて努力することだよ。」

頑張ろう。頑張れる。頑張って。

そうやって前を向き続けていた自分を思い出すと、それがまぶしく見える。

でもその言葉を今の自分に投げかけると、ムズムズしちゃう。

別にいいのに。頑張らなくて。だって生きているだけで最高でしょう。

人間だから頑張っちゃう。人間だから、何かを成し遂げようと、頑張れちゃう。

頑張るってすごい。感動する。頑張る姿を見ると、涙が出てくる。

でも、つらいときは足を止めて、時には後ろを振り返ったっていいでしょう。

そんな時間を過ごす時期があってもいいでしょう。

もしも「頑張る」にルールがあるのだとしたら、それは頑張れる時は頑張って、頑張れない時は頑張らなくていいって思いたい。

だからわたしは頑張らない。頑張ろう、って自分に言うと、涙があふれてしまうから。

別に苦しくなるわけでも、嫌な気持ちになるわけでもないのよ。

ただムズムズするだけ。そしてポロリと自分の目からしずくが落ちる。

だからといって、頑張っているあなたのことを心から応援していないわけではない。

頑張るあなたを見ると、元気になる。

頑張るあなたが、まぶしく見える。

あなたは時々、「頑張ってと声をかけてほしい」とわたしに言う。

わたしの「頑張って」に頑張れるからだと言う。

だからわたしは「頑張って」と言う。

本当はその心の奥そこで、頑張らなくてもいいのよ、なんて思いながら。

「頑張る」を通り越すと、「頑張りすぎる」に到達してしまうことを知っているもの。

そう思いながら、わたしは今日も電話であなたに言う。

「明日も頑張ってね」と。

(2021年4月14日執筆)

 きまぐれエッセイ

 自由気ままにショートエッセイを綴る場。気取らず、なめらかに。

2021-04-10|タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です