草加の思い出写真 ~街並み編~

大学生時代、約3年間住んだ場所。

いざその土地を離れるとなった時、引っ越しの準備をしながら、もうここに住むことはないのかもしれないと思い、急に寂しさに駆られた。

そんななか、フィルムカメラを片手に散歩するようになった。

寂しさを紛らわすかのように。

ここで紹介する写真は、引っ越し2週間前から引っ越しの日までに撮った街並みの様子である。

「草加松原」の名の通り、松並木がシンボル的存在のよう。

まっすぐのこの道を歩くと、気分を前向きに、正してくれるような気がしていた。

家から学校まで、25分の道のりは、この伝右川沿いを歩いて通学していた。

細い裏道を通るこの通学路は、オナガドリやキジバト、スズメやヒヨドリなどと挨拶を交わす場所でもあった。

通りにはところどころにベンチが置いてある。

週末には子どもたちが集まる様子もよく見られる。これがまたこの商店街の雰囲気を創出する。

草加といえばせんべいだろう。草加せんべいは米と醤油という、シンプルを極めたようなせんべいだ。

厚さのあるそのせんべいは、米の甘味を強く感じる。

手焼き体験ができるお店もいくつかあって、これがまた楽しい。

草加住まいでお世話になったのが公園。

卒業論文に行き詰っては、よく公園に行って芝生で横になっていた。

家から一番近くにあった公園は、とても小さくてベンチも少ないが、人も少なく、シンとしている。

そこで瞑想したり本を読んだりする時間が心地よかった。

近所の布団屋さんには看板犬がいた。

夕方に前を通るとそこに座っている。

いつもどこか遠くを見ていて、すべてを見透かしているようでもあった。

夕方の松並木は、人通りは少し増えるものの、夕焼けと組み合わさってなんとも言えない美しさがある。

この時間に松並木を散歩するのは本当に心地よかった。

街並み編はこれでおしまい。

続編として、次回は草加で通ったお店の一部を紹介してみよう。

2021-07-20|タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です