【本棚 #1】A Year of Mornings -3191 Miles Apart-

2016年の秋に出会った本、A Year of Mornings -3191 Miles Apart-。春夏秋冬、236枚の朝の写真が集められた写真集。

古本屋さんで本を見ていたらパッと目に入って、即買いしてしまった、惹きつけられた本だった。

著者はMaria Alexandra VetteseとStephanie Congdon Barnes。

3191マイル離れたところに住む二人の女性が、朝の写真を載せるブログプロジェクト、3191 miles apartに投稿していて、それをもとに2008年に出版された本。新しい本(A Year Between Friends 3191 MILES APARTもある。

なんていうんだろう。

写真一枚一枚はとてもシンプルなのに、その世界観に引き込まれ、心地いい。

そしてまた二人の写真が並ぶとなんだかバランスが取れていて、本当にシンクロしているようなのだ。

「綺麗な整った写真」ってたくさん出回っているけれど、なんでもない影の写真とか、飲み終わったコーヒーカップとか、その日の天気の様子が分かる写真とか。

私たちの日常にも存在するものがそこに映し出されていて、容易にその雰囲気や空間を想像することができる。

この写真を撮ったあと、彼女たちの一日はどんな日だったのだろうと想像するのも楽しい。

そして私はやっぱりブレックファストの写真に見とれてしまう。だってブレックファストが幸せだと、その日一日がグレードアップされるような気がするから。

母が朝型な我が家では、幼い頃から私も朝早く起きるのが習慣だった。

朝起きて、ストレッチをして、準備をし、朝ごはんを食べる。

その幸福感(満足感とも言おうか…)を知っているから、やっぱり朝はいいなあ、と思う。あまり早すぎるのは辛いけれどね。

この写真集は、自分の幸せだった朝の場面を思い出させてくれて、そしてあわただしくも美しい、朝の瞬間に、目を向けてみたいと思わせてくれる。そんな存在。

次にこの本を開くのは、朝の大切さを忘れかけたころになるのかな。

かねてからブログ上に本棚をつくってみたくて、今回が第一投稿目。

更新頻度は低くても、紹介したくなるような美しい本や心に残った本は、これからもこの本棚に載せていきたいと思う。

2021-01-05|タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です