My trip to Tanzania 2018年の春休みに私が行った国

My trip to Tanzania 2018年の春休みに私が行った国

When I told my friends « I am going to go to Tanzania! », they first asked me where it was located. Well, it is located in eastern Africa, next to Rwanda, Kenia, Uganda and so on. The capital of Tanzania is Dodoma, where some government ministries are located, and the largest city is Dar es Salaam, the former capital, where most governmental offices are located. The main languages are Swahili and English, the currency is Tanzania shilling (TZS).

私は3月6日から約10日間、タンザニアに行ってきました。

「これからタンザニア行くの。」そう友人に伝えるとまず、「タンザニアってどこ?」という質問をされました。確かに私も少し前はタンザニアがどこに位置しているのかわかりませんでしたし、大学生に人気のある旅行先はヨーロッパやアメリカ、カナダ、オーストラリアなどで、なかなかアフリカに行く人は少ないですよね。「アフリカ=危ない国」とイメージしがちですが、アフリカにはもちろんいろいろな国があってその中でもタンザニアは比較的治安のいい国なんです。

基本知識として…

タンザニアはアフリカの東側、ケニアの下、ウガンダやルワンダの近くに位置しています。首都はドドマですが立法府の議事堂以外の政府官庁は旧首都のダルエスサラームにあって、ダルエスサラームがタンザニア最大の都市です。日本との時差は6時間、言語はスワヒリ語と英語が主なものです。面積は日本の約2.5倍、94.5㎢。通貨はタンザニアシリング(TZS)で、1シリング=約0.07円です。

 

Why I went to Tanzania  なぜタンザニアに?

Lots of my friends asked me why I went to Tanzania. The main reason is because I have been interested in African countries since I was in junior high school. Even I wanted to go to Africa, I didn’t have chance to go there for a long time, until I became a collage student. The other day, when I was checking the Facebook, I happened to find a company called MOTI project, which is a kind of traveling agency, providing collage students some study-tours of unusual places such as African countries, South American countries, and India. (These countries are unusual for Japanese students because they tend to go to European countries, the US, or Canada.)  After searching the company and attending the explanatory meeting, I decided to participate in the tour of Tanzania.

「なんでタンザニア?」とよく聞かれますが一番の理由はアフリカの地に立ってみたいと思っていたから。中学校の頃、JICAの青年海外協力隊としてルワンダに行った先生の影響も受け、アフリカの国々に興味を持つようになりました。いつか行ってみたいと思ってはいたものの行く機会はあるわけもなく...一人で行けるような国々ではありませんし安全に行って帰って来られなければいけません。機会がないまま大学生になり、偶然FacebookでMOTIprojectという会社のスタディツアーを見つけたのです。コーヒー好きの私はタンザニアがなじみのある国で、しかも野生動物も見られる。有名なアフリカの観光地をのぞいた国の中では比較的安全な国。ずっと憧れていたアフリカに行けるチャンスであり、今回を逃したらまたいつ行けるかわからない、そう強く思いました。

説明を聞くと充実した内容で、これなら自分が得られるものが多いに違いないと思ったのです。さらに、大学生のみが参加するという企画に惹かれ、行くことに決めました。

 

The contents of the tour  タンザニアスタディツアーの内容

I would like to write down the brief contents of the tour.

今回私が参加したスタディツアーの主な内容を簡潔に書いてみたいと思います。

Day1 Leave Japan

1日目 成田空港発

Day2 Arrive at Kilimanjaro, go to Arusha from the airport. Have coffee break at a coffee farm, then have dinner at a local Tanzanian restaurant.

2日目 アディスアベバ(エチオピア)で乗り継ぎ アディスアベバからキリマンジャロへ キリマンジャロからアルーシャへ  コーヒー農園にてカフェ休憩  夕食はローカルレストランにてタンザニア料理

at Kilimanjaro airport キリマンジャロ空港にて
キリマンジャロからアルーシャに向かう途中の景色。
At a coffee farm. The coffee berries were still green when I visit there. After they turn to red, they will be harvested, washed, dried, roasted and used as coffee beans. コーヒー農園にて。コーヒーの実はまだ青い状態でした。これが赤くなると収穫され、プロセスを経てローストされ、コーヒー豆として使われます。

Day3  Visit a secondary school and communicate with the students. Have lunch at a Tanzanian restaurant then take a Tingatinga lesson. Choose fabric and order our own Kanga (traditional clothing). Have dinner at a Indian restaurant.

3日目 イルキディンガ村中学校訪問、交流  昼食はレストランでタンザニア料理  昼食後ティンガティンガのレッスン  カンガの生地を選び寸法測り  インド系のレストランにて夕食

 

This is what I draw at a Tingatinga lesson, my teacher helped me a little though.. 私が描いたティンガティンガ。下書きは手伝ってもらいましたが..

Day4   Visit Oldonyo Samb village where Maasai people live. Go to the local secondary school and interact with the students. Then visit Maasai market and get some traditional treats such as fabric. As dinner, we ate goat’s barbecue; we watched the moment when the goat was killed and ate in the local way like its blood’s soup.

4日目 アルーシャ近郊のOldonyo Samb村(マサイ村)訪問  中学校訪問、交流  マサイの青空市訪問  夕食はヤギのバーベキュー(ヤギの解体を見学し、ヤギの血のスープなど現地の方の食べ方でいただきました)  テント泊

Although it was Sunday, a lot of students were waiting for us! 日曜日にもかかわらずたくさんの生徒が歓迎してくれました。
Maasai students showed us traditional dance, wearing native costume. マサイ族といえばマサイダンス。中学生たちなのに迫力がすごくて思わず見とれてしまいました。
Goat’s barbecue!! 目の前で解体してくれたのヤギを直火でバーベキュー。

Day5  Visit local hospital. Make Japanese Tempura using local ingredients, and eat lunch. Visit a faith healer. Go back to Arusha and eat Indian food as dinner at the hotel.

5日目 病院代わりの村の保健所を訪問  現地の材料で天ぷら作り、昼食(天ぷらとタンザニア料理)  祈祷師を訪問  再びアルーシャへ  夕食はホテルにてインド料理

We walked to the hospital in such good weather. 保健所までは徒歩15分ほど。
There were two buildings and this was the bigger one. There were several rooms such as a delivery room, a doctor’s office, sick rooms and so on. 二つある保健所の建物の大きな方。分娩室や診察室、病室、薬を調合する部屋などいくつかの部屋に分かれていました。
We tried to make Tempura! マサイ村で天ぷら作り!
祈祷師のおばあちゃん。私は将来結婚できるかどうかと、どんな仕事に就く可能性があるかを占ってもらいました。

Day6 Leave Arusha and go to Serengeti National park. Do game-drive at Serengeti. Stay the night at the park.

6日目 アルーシャを出発し、セレンゲティ国立公園へ  ゲームドライブをして夕方、国立公園内でキャンプ、テント泊

We saw a lot of gnus! たくさんの動物を見ましたがその中でもとくに頻繁に見られたのがヌーでした。
We saw such a beautiful sunset! こんなに美しい夕日を見ることができました。

Day7 Move from Serengeti to Orduvai. Visit Orduvai Gorge, where the first human being was born. Game drive at Ngorongoro Conservation Area. Do game-drive at Ngorongoro. Go camp in Karatu.

7日目 セレンゲティからオルドバイへ移動  人類発祥の地オルドバイ渓谷訪問  ンゴロンゴロクレーターにてゲームドライブ  ンゴロンゴロからカラトゥへ  カラトゥでキャンプ、テント泊

Orduvai Gorge. オルドバイ渓谷。ここで人類が生まれたなんて不思議な気分。

Day8  Visit Hadzabe people and go hunting together. Then visit Datooga people. Go back to Arusha and eat dinner at a Chinese restaurant.

8日目 カラトゥからハザベ族の住むエアシ湖へ 狩猟体験後、ダトガ族を訪問 アルーシャへ戻り、近くのチャイニーズレストランにて夕食

He caught this small deer to show us! 師匠と呼ばれていた人がこのシカのような動物を(名前知らなくてごめんなさい)獲ってきて見せてくれました。

Day9  Visit Tanzanite museum in Arusha. Eat lunch at a Tanzanian restaurant. Go to souvenir stores and local supermarket to get local stuffs such as coffee beans, tea and so on. Leave Kilimanjaro Airport.

9日目 タンザナイトのミュージアムへ。その後タンザニア料理のレストランで最後のタンザニア料理を堪能。お土産屋さんとローカルスーパーマーケットでお土産を調達。キリマンジャロ空港からアディスアベバへ。アディスアベバで乗り継ぎ、成田に向けて出発。

At the Tanzanite Museum! タンザナイトミュージアムにて。

Day10  Arrive at Tokyo.

10日目 成田空港に到着。

 

旅の率直な感想

毎日いろいろなことを経験し、たくさんのことを考えさせられましたが、結論を言うと

楽しかった。行ってよかった。

それが一番シンプルに心から思ったことでした。

治安は大丈夫なのかな、言葉は通じるのかな、みんなどんな風に接してくれるのかな...

そんな心配をしていた自分が情けなく思うくらいタンザニアはすごくゆったりとしていて優しくて、皆フレンドリーで。めったに見ない肌の色が違う人たちが乗った車が目立つのか、手を次々に振ってくれます。怖い思いはあまりせずに帰ってきましたが、やはり今回の経験ができたのはスタディツアーに参加したから。一人だったら絶対にいけないようなところも多くありましたし、普通のツアーではできない貴重な体験の連続でした。

今まで留学など、勉強目的でしかも一人で行くことが多かった私にとってスタディツアーとはどんなものだろうと皆で楽しめるのかどうか不安でした。でもそれは大間違い。自分の意志でタンザニアに行きたいと思って半年前から準備していった仲間たちだから、それぞれ想いや考えていることがあってそれをシェアすると面白い。これがスタディツアーで来る魅力なのだと改めて実感しました。

詳しい内容などはまたゆっくりとブログに書いていきたいと思いますが、とりあえずタンザニアに行ったというご報告代わりにこの記事を書いてみました。

Thank you for reading and hope you have a great day.

Yuriko

travelカテゴリの最新記事

%d blogueurs aiment cette page :