トーゴでホームステイ。家庭料理はおいしいの?

トーゴでホームステイ。家庭料理はおいしいの?

Bonjour.

旅をしたり、普段生活しているところと異なる場所に行ったりするときに気になるのが食事ですよね。

最近はおいしいアフリカン料理が日本でも食べられるようになっているので食べたことのある方もいらっしゃるかと思いますが、友人に「食べ物はおいしいの?」と聞かれることも少なくありません。

ということで、今回のテーマはトーゴ料理

以前タンザニアに行ったときには食を楽しむという文化がなく毎日同じものを食べる人も多いと聞きましたが、今回行ったトーゴではとてもたくさんの料理のバリエーションがあって驚きました。

滞在がホームステイだったので基本的には三食ホストファミリーが用意してくれるものを食べました。毎日の夕飯が楽しみになるほど大抵の家庭料理がおいしくてはずれがなかったように感じます。

すべては紹介しきれないのでここではとくにおいしかった家庭料理を4種類とレストランで食べたもの、そしておまけに毎日の朝食をシェアします。

トーゴの家庭料理!

ピノ

日本にはこんな名前のアイスクリームがありますがこちらではこのオレンジの食べ物がピノと呼ばれています。

ピノとチキンのグリル、炒めたトマトとタマネギ。

ピノはキャッサバの粉とトマトソース、家によっては唐辛子などを入れて作るものです。食感はトマトソース味のもち米のような感じでもちもちとしていておいしかったです。滞在中何度かピノを食べましたが私が最も好きなトーゴ料理の一つでした!

大抵のトーゴ料理の主食は味付けされていないもので、それに何かソースをつけて食べる、ということが多いようですが、ピノは味付けが濃い目なので味付けをあまりしていない野菜やお肉などと相性が良かったです。

本当においしいので西アフリカに行ってこのような食べ物を見かけたらぜひ試していただきたいです。

アコメ

タンザニアやケニアなどでおなじみのウガリですが、それに限りなく近いのがアコメ。トウモロコシの粉に水を入れて水分を飛ばしながら加熱し、タッパーなどに入れて形を作ってからサーブします。

ウガリよりももちもちしていて食感が好きでした。冷めてもそれほど固くはなりませんがやはり出来立ては格別。一度早めに帰宅してあつあつのアコメを食べたときは幸せでした。

この時の付け合わせは魚とほうれん草のような葉っぱの炒め物。

この味付けがまたおいしいのです。

アフリカというとどうしてもお肉のイメージかありますしよく肉が食べられていますが、トーゴの首都ロメは沿岸部に面していてマーケットでもよく魚を見かけました。保存のためか焼かれて売られることが多いようですが日常的に食べられています。

味は青魚のような感じです。生臭すぎることもなくおいしかったです。

一つ言うならば骨がそのまま入っているので勢いよく食べると口の中で刺さります…… 実際私も危なかった(笑)

皆さんトーゴ料理を食べる際は骨にお気を付けください。

アロコ

外国人がトーゴに来て一番好きになる食べ物NO.1はおそらくこのアロコでしょう。

アロコは簡単に言うとプランテーン(食用バナナ)を揚げたものです。

アロコとグリルドチキンと炒めた野菜。

タンザニアで何度か食べたのは緑のプランテーンで甘くなくポテトのような食感でしたが、ロメで売っていたプランテーンはすでに熟しているものばかり。揚げてアロコにしてもとっても甘くてねっとりしていて本当においしかったです。

プランテーンだけではなくサツマイモを揚げたものもアロコと呼ぶらしく、家で食べるときはプランテーンとサツマイモのアロコが同時に出てくることが多かったです。

この日はアロコにオムレツと炒めたトマト、タマネギ。

トーゴでは卵もよく食べられていて路上で売っているところもよく見ました。不安なので半熟にはしませんでしたが卵も普通においしかったです。

フフ

トーゴの有名な料理といえばフフというほど知名度の高い料理なのではないかと思います。

日本のお餅をイメージしていただくと一番近いです。でも材料はヤム芋のみ。芋をよくゆでてそれ木でできた杵と臼のような道具でつぶして作ります。

この写真の黒くて細長いほうの芋がヤムです。

家でフフを食べたときによく一緒に出てきたのがチキンの入ったスープ。手でフフをとり、スープにつけて食べたりチキンと一緒に食べたりします。

このスープが本当においしくて幸せで、疲れた日のディナーには幸せな一品でした。日本と比べて気温は高めなトーゴですが温かいスープも食べたりするんです。

道を走っていても「フフのレストラン」という看板をよく見ました。多くのトーゴ人が好んでいる食べ物の一つなのかと感じました。 

もちもちしていて親しみやすいおいしさなのでおすすめのトーゴ料理ですよ。

レストランで食べたもの

家庭料理がとてもおいしいのでわざわざレストランで食べる必要もないのですが、週末や出かけた時など何度かレストランで食べる機会があったのでご紹介しますね。

よく見かけるロメのレストランで。

オフィスの近くにあったレストラン。友人とランチタイムに行ってみました。

こんなスタイルのレストランをたくさん見かけました。

ピンクでなんだかかわいいですよね。

このカフェでもスパゲッティを食べてみました。魚が入っていて、少しピリッとしていて結構おいしかったです。

これでハーフの量です。とにかく量が多い(笑)。これで350CFA、日本円でだいたい70円くらいでした。

ランチと言ったらスパゲッティというくらい、トーゴではパスタが頻繁に食べられているようです。ホストマザーが毎日持たせてくれたランチもパスタ度が高めでした。安くて簡単でおなかがいっぱいになりますものね。

鶏肉よりも豚肉の方がごちそう

こちらはパリメへ行ったときのレストランにて。豚肉を焼いたものとピノ。時々骨がついているのでお肉を食べるときは何肉でも注意が必要です…

右にある緑のものがとっても辛い唐辛子。

今日は豚を食べるよ!と一緒に行った方々が張り切っていました。トーゴでは鶏肉が日常的に食べられていて、豚肉は少しごちそうのようです。

トーゴで日本食!?

沿岸部にあるお店で、観光客やリッチ人な人が集まりそうなところに日本食レストランがありました。

これがトーゴなんてすごく不思議な気分でした。

厨房は日本人ではありませんでしたがトーゴで日本食レストランがあるなんて驚きです。こんな雰囲気でトーゴの日常とはかけ離れているような空間でした。これはやはりトーゴ人向けではないのだということを感じさせられました。

私は海外によくあるすしロールをいただきました。

野菜とチーズの入った春巻きも食べてみました。普通においしくてなんだか楽しかったです。

トーゴに行ったらもちろんトーゴ料理を楽しむべきだと思いますが、その国の日本食事情を自分の舌で試してみるのも面白いのではないかと思います。

毎日の朝食

トーゴではパンが良く食べられています。その辺にいる子どもたちもパンをかじっていたり、ロメで5分歩けばパンを売っている人を見かけたり。トーゴ人にとってとてもなじみのあるもののようです。

パンの種類は少なくシンプルなパンがほとんどですが、バゲットのようなもの、ミルクパンのようなもの、クロワッサンなど。

主食はアフリカらしいトウモロコシや芋類が多い一方、パスタやパンなど小麦から作るものも食べられているので様々な国の影響を受けているのであろう主食の種類の多さが興味深いなと思います。


朝ごはんは毎朝コーヒーか紅茶、それにパンと時々バナナなどのフルーツを食べていました。

トーゴに行ってパンを食べるのは不思議な気分かもしれませんがおいしいパンも多いので食べてみると楽しいですよ。

経験から言うと細長くてバゲットくらいの大きさで形が少しいびつなパンが一番おいしかったです。

アフリカに行った人が口をそろえて言うのはトロピカルフルーツがおいしいということ。私も毎日何かしらのフルーツをいただいて楽しんでいました。マンダリン、パパイヤ、パイナップル、バナナ、アボカドなど。おいしいものが多いので行ったら現地人価格まで値下げ交渉をし、安くおいしい果物を買うのがおすすめです。

最後に

トーゴにいて思ったのは皆料理が上手だということ。

家で“働いている”多くの女性たちは料理に対してとても長い時間を費やし、長い時間をかけてマルシェに行って食材を調達します。特に家の仕事をすることの多い女性たちにとって料理というのはとても重要な要素の一つのようです。

これから外のものが今まで以上に入ってくるにつれて、加えて女性が社会に出ていくような時代へと変化していくにつれて、おそらくトーゴの食も少しずつ変化していくのかと思いますが、便利なものが増えていくとしてもマルシェで買ってきたものを自分の家で調理し、家庭の味を大切にするという文化は変わってほしくないものです。

路上レストランをやっているお母さん。

アフリカと聞くとおそらく食べ物は安全なのか、おなかは壊さないのかと心配になる方もいると思いますが、フルーツは生で食べられますしお肉などはやたら火をよく通すので心配はしなくても大丈夫。

個人差はもちろんありますが私は一度もおなかを壊しませんでした。

知らない国の料理、食べたことのない料理を口にするのは勇気のいることかもしれませんが(特にアフリカン料理はなじみがないので)、ぜひ旅行でもなんでも異国の地へ行く際はその土地のものをトライしてみてはいかがでしょう。

その地に行かなくても日本にあるレストランに行ってみるのもよいと思います。

日本にもアフリカ人によるアフリカン料理屋さんは多数ありますのでそこから文化に触れるというのも一つの方法なのではないかと思います。

ここまで文化をダイレクトに体感できるというのは食べ物ならではですからね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回はゆるくトーゴの食事を紹介してみましたがいかがでしたか?

近いうちに日本で食べられるトーゴ料理屋さんを紹介するのでそちらもお楽しみに。

また来週もブログを更新しますので読んでいただけると幸いです。

何かコメント、意見などがあればこちらから送っていただけると嬉しいです。

Thank you for reading, hoping you have a wonderful day.

Yuriko

travelカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。